セックスをしている時、しばしば見られる「潮吹き」という現象。

アダルトビデオなどを見ていると、クチョクチョ…といった音がしてとても気持ちよさそうですが…実際のところどうなの!?

潮吹きに興味があるという人がいる一方で、「なかなかできない」という声があるのも事実。

気持ち良さを感じているのに潮吹きができないと悩む女性も多いのです。

ということで今回は、潮吹きとオーガズムの関係について紹介。

  • 潮吹きはオーガズムと同義なのか
  • どうすれば潮吹きができるのか

これらを解説していきます!

潮吹きって、どんな現象?

潮吹きという言葉をよく耳にしますが、実際にはどのようなものなのかわからないという人も多いもの。

そこでここからは、具体的な潮吹きについて触れていきますね!

潮吹きをする女性は約2割

アダルトビデオなどで目にする機会の多い、潮吹き。

いかにもオーガズムを感じて気持ちよさそう…で憧れる女性も多いもの。実は経験したことがないという人が大半なのです。

それもそのはず。潮吹きはどんな女性でも経験できるものではなく、実際の割合はなんと2割程度!

潮吹きができる女性というのは、意外と少ない…。オーガズムを感じられる女性は多いですが、潮吹きはまた別のものというわけです。

オーガズムとの違い

潮吹きはオーガズムとは異なるもの。

オーガズムはセックス中に感じる絶頂の瞬間で、性交における大きな目標といっても過言じゃありません。

オーガズムを感じるとドーパミンなどのホルモンが分泌され、強い快楽を感じるもの。

一方潮吹きというのは、体の反応であり、ホルモンの分泌による快楽などとは別物になります!

「イク」ことで潮吹きをすると思われがちですが、必ずしもそうではありません。潮吹きをするためのポイントは、Gスポットを刺激すること。

場合によっては痛みを伴うこともあり、絶頂感であるオーガズムとは異なるものなのですね。

潮吹きの魅力

潮吹きは女性特有のものであり、女性の神秘。男性も、女性が潮吹きをすることで興奮を覚えることもあります。

では、潮吹きの魅力とは具体的にどのようなところにあるのかさらに詳しく見ていきましょう!

ドキドキ感が味わえる

潮吹きをするというのは、女性にとっては恥ずかしいことでもある。

だからこそ、恥ずかしさといった羞恥心がセックスのドキドキ感を促進させるのも大きな魅力!

少しSっ気のある男性なら、女性のそうした恥じらいを見たくて潮吹きをさせたいと思う人も多いものです。

満足度が上がる

セックスにマンネリを感じてしまってるなら、それは毎度の同じようなプレイに飽きてしまってるかもしれません。

そんな時は、いつもと違う刺激的なセックスをすることで、セックスの満足度を上げることもできますよ!

そのための一環として、潮吹きが有効。

全ての女性が潮吹きできるわけではないけど、女性が潮吹きをすれば、男性はさらに興奮して、女性も恥ずかしさからドキドキ感が増します。

二人が刺激を感じることで、セックスをより楽しめるようになること間違いなし!

お互いに興奮する

ドキドキ感を感じられる、女性の潮吹き。セックス中に起こる嬉しいハプニングとして、男性も女性もお互いに高揚感や興奮を感じられる。

特に女性にとっては、セックスというのは気持ちをたしかめ合う大切な行為です。

男性が興奮していて、自分も気持ちが高まる。そんな状態で行うセックスほど、幸せなものはありません!

潮吹きができれば、視覚的にも興奮度があがるかも!ただし、たいていの女性は、「恥ずかしい」が邪魔してしまうことも…

潮吹きに関するQ&A

潮吹きとは、まだまだ謎に包まれた神秘の現象。

女性も、自分の体のこととして疑問に思っている人も多いのが事実。

ということでここからは、潮吹きに関する疑問点について説明していきしょう!

潮吹きの液体の正体とは

潮吹きの液体に関して、勘違いしている人も多いのも事実。

なかでも多い間違いが、潮吹きを失禁だと思い込んでいる女性が多いこと。潮吹きに尿の成分は微量含まれるものの、失禁とは別物です。

潮吹きの液体はGスポットから分泌されるものであり、「スキーン腺液」と呼ばれます。

尿道を通って噴出されるため尿と間違えやすいのですが、成分が全然違います。

色も無色透明、もしくはやや黄味がかっているか乳白色である場合もあります。

潮吹きの量

1回の潮吹きで放出される液の量には、個人差あり。

大量に噴出する人もいれば、ごく少量がじわっと垂れるだけの人もいます。

なので「自分は潮吹きしない体質」と思っていても、実は潮吹きしているにも関わらず気づいていないだけ、というパターンもあります。

アダルトビデオの世界では、派手に「ブヒャー!!」と、噴出する様子が潮吹きとして描かれているので、潮吹きといえば大量の水分が噴出すると思われがちだけど、実際は量の多少に関わらず、潮吹きというので一度じっくりと観察してみるのもいいかもしれません。

失禁との違い

失禁というのは尿が漏れてしまうことであり、絶頂に達した瞬間に気が緩んで放尿してしまうことで潮吹きと捉えている人もいます。

しかし、実際には失禁と潮吹きには成分上の明確な違いがあります。例えば、尿よりも潮吹きの方がアミノ酸の一種であるクレアチニンの濃度が低いです。

また、ブドウ糖の濃度や前立腺特異抗原や前立腺フォスファターゼと呼ばれる成分の濃度が高いとされています。

そのため、尿がセックスの絶頂によって我慢できずに漏れてしまうわけではありません。

成分の違う別の液体が尿道を通って放出されるために、勘違いしてしまう人も多いのです。

女性が潮吹きするための方法

潮吹きできるかどうかは体質によっても変わってくるがテクニックさえ抑えれば潮吹きしたことがない人でも潮吹きできる場合がある。

いかにポイントを紹介しているので、チェックしてみてください。

Gスポットを刺激する

潮吹きは、Gスポットを持続的に刺激して快感が高まってくると、起こる。尿意に似た感覚があれば、それは潮吹きの前兆と言っても良いでしょう。

この快感を感じ始めたら、うち消すのではなくその感覚に従うのがポイント!

刺激や快感に集中することで、潮吹きが起こりやすくなる!

Gスポットを正しく刺激するためには、きちんと位置を把握しておくことも大切。Gスポットは膣内の前壁部分にあります。

中指を膣内に第二関節くらいまで入れ、指先の腹が当たるあたりです。継続して刺激することでじわじわと濡れて快感を感じられるようになるので、まずは丁寧に練習してみましょう。

グッズを使う

Gスポットを刺激できるグッズがおすすめ。

中とクリトリスを同時に刺激できるものがあるとより潮吹きしやすいですよ!尿意を催してもそのまま継続して感覚に集中し試してみましょう。

我慢をするのではなく、感覚に身を任せてリラックスすることが、潮吹きを成功させるコツです。

激しくやりすぎない

アダルトビデオを見ていると、激しくGスポットを刺激して潮吹きさせようとすることも。

しかし、激しく行ったからといって必ずしも潮吹きができるわけではない。

逆に、激しく刺激をすることで膣内を傷つけてしまうこともあるため、要注意!

大切なのは、正しいGスポットを的確に刺激していくこと。多少時間はかかるかもしれませんが、力に任せようとせず、優しくじっくり刺激していきましょう!

まとめ

今回は、潮吹きとオーガズムの関係について紹介するとともに、潮吹きを成功させるためのポイントについて紹介してきました。潮吹きとオーガズムには直接的な関係はなく、別物だと考えられています。

潮吹きできる女性は少ないものの、コツさえつかめば成功させることも可能です。紹介したテクニックをチェックして、ぜひ実践してみてください。

広告

関連記事一覧