近年認知度を上げてきた女性用風俗、略して女風。

まだ聞き慣れない方も多いでしょう。今回は、女性用風俗はどんなサービスなのか。

出張ホストやレンタル彼氏との違いは何かについて解説をしていきます。

女性用風俗とは?

女性用風俗とは、女性向けの風俗店のことを指します。

女性向け風俗や女風とも呼ばれたりします。本番行為以外の女性性器への接触を伴う性サービスを展開しています。

男性向け風俗の場合、本番行為がないヘルスと本番行為ができるソープがありますが、女性用風俗では本番行為は無しとなります。

今のところ店舗型(店舗を構えているお店)はなく、10割が無店舗型(店舗がなく出張でのサービス)となります。

サービスを受けれる場所は、ラブホテルやシティホテル、ビジネスホテル、自宅への出張も受け付けています。

女性用風俗を利用する方以下のような方が利用されています。

 

  • パートナーとの間でセックスレスなどの悩みがある方
  • 特殊な性癖がある、性に対して悩みがある
  • 男性経験がない方

 

このようにこれまで認知されていなかった女性用風俗が近年人気を集めています。

女性用風俗の料金相場は?

女性用風俗の料金相場は、25,000円〜30,000円程度となります。

その内訳が以下となります。

項目 料金
指名料 1,000円
コース料金(120分) 20,000円
交通費 1,000円
ホテル代 5,000円
合計 27,000円

女性用風俗は具体的にどんなことをするの?

女性用風俗のサービスの流れ

女性用風俗では主に以下のようなサービスを行なっていただけます。それぞれサービスの流れから解説をします。

項目 内容
1.待ち合わせ〜ホテル入り 待ち合わせ場所にて合流し、一緒にホテルに向かう。(先にホテルに入ってても良い)
2.カウンセリング 今ある悩みや利用目的を把握し施術の流れを説明
3.シャワー シャワーを浴びる。一緒に入ることも可能。
4.性感マッサージ キスやハグ、パウダーやオイルを使って密着する。女性性器を含む全身も愛撫する。
5.シャワー シャワーを浴びる。一緒に入ることも可能。
6.解散 ホテル解散、もしくは最寄りの駅などに送り届ける。

女性用風俗で利用できるオプション

その他にもオプションとして以下のようなサービスを行なって頂くこともできます。

 

  • おもちゃ(電マ・ローター・バイブ)
  • ソフトSM(簡単な拘束)
  • 目隠し・手錠

 

女性用風俗で利用できるコース

項目 内容
施術コース 1番オーソドックスなコース。性感マッサージをメインとするコース。
デートコース 一緒に食事や散歩などのデートができるコース。性感マッサージは含まない。
通話コース セラピストと通話ができるコース。
ダブルセラピストコース 女性1人に対してセラピストが2人付き性感を楽しむコース。
カップルコース 男女1組のカップルに対してセラピストが1人が付き性感を楽しむコース。
お泊まりコース 夜から朝方にかけセラピストと一緒にお泊まりができるコース。

出張ホストやレンタル彼氏との違いは?

ここまで女性用風俗のサービスに紹介してきましたが、ここからは女性向けにサービスを展開する出張ホストやレンタル彼氏とはどう違うのかを紹介していきます。

女性用風俗 出張ホスト レンタル彼氏
店舗有・無
料金システム 時間制 時間制 時間制
料金相場(120分) 25,000円 23,000円 15,000円
ハグ・キス
性感サービス △※1 ×
外出デート
自宅出張 △※1 ×
利用可能時間帯 24時間 24時間 24時間

※1 店舗により性感サービスの有無、自宅出張の可否が違うため店舗ごとに確認が必要

また、上記以外にもレズビアン専用店もありますが、女性用風俗のなかのレズビアン専用店となりますので性感サービスも可能となっています。

最後に女性用風俗を利用したほうがよい方

女性用風俗について紹介をしてきましたが、最後に以下に該当する方は、女性用風俗を一度利用してみるのも良いかもしれません。

 

  • 自分の性癖や性感帯を知りたい
  • 性の悩みを解決したい
  • イケメンと話して心を癒したい

 

女性用風俗店では、性感サービスだけでなく一緒に外出デートもできます。

利用に抵抗がある方であれば、まずはセラピストさんと一緒に食事から始めてみてはいかがでしょうか。

広告

関連記事一覧