まだ、女性用風俗を使ったことがない方であれば…

  • 持って行く物はあるのかな?
  • 事前に準備しておくことはあるのかな…

と疑問に思うでしょう。

そんな女性用風俗をまだ利用したことがない方向けに、事前準備は、持っていくべきものについて紹介をします。

極論、現金とスマホがあれば女性用風俗は利用できる

女性用風俗を利用するのであれば極論、現金とスマホがあれば十分です。

なかには…

  • 「大人のおもちゃも持参しないといけない?」
  • 「お風呂に入るからアメニティ系も必要よね…」
  • 「タオルも何枚か持っていったほうがいいのかな…」

と思われる方もなかにはいらっしゃるかもしれませんが、おもちゃ系は、セラピストさん持参のものもありますし、最近のラブホテルはタオルはも多めにあることはもちろん、アメニティ系も充実しています。

そのため、お会計時に支払う現金と、セラピストさんとの合流時に必要なスマホがあれば問題はありません。

女性用風俗利用時に事前準備に必須の2つの持ち物

携帯スマホは必須で持っていく

セラピストとの待ち合わせ時にお店と連絡を取り合いますので携帯スマホは必ず持っていくようにしましょう。

もし忘れてしまった場合は、スムーズに合流ができない可能性があります。

また、性感マッサージ中に流して欲しい曲などがあれば事前にスマホに入れておくと良い気分がのった状態で性感マッサージを受けることができます。

お会計はクレジットカードよりも現金が良い

お会計時に必要な現金は必ず持っていくようにしましょう。

大半のお店では、事前にクレジットカード払いが可能なお店もありますが、なかにはクレカ払いにすることによって手数料(だいたい支払い額の3〜5%程度)が上乗せされる場合もあります。

そのためお会計には現金払いをおすすめします。

また、ポイントとして現金で支払う場合は、現金を封筒に入れてお会計ピッタリの金額を入れておくとセラピストさんからの印象も良いです。

女性用風俗利用時にあると便利な4つの持ち物

必須はではありませんが、持っておくと施術がスムーズに進む持ち物を紹介していきます。

髪を束ねるヘアゴム

オイルマッサージ時には、髪にオイルがついてしまう可能性もあるため、ヘアゴムがあると便利です。

シティホテル、ラブホテルでは基本的には部屋内に常備されていますが、稀に備わってないホテルもありますので持ち込むことをおすすめします。

予備の下着があると便利

お店によっては下着装着のまま性感マッサージが行われたり、女性の方のなかには「恥ずかしいから下着のまま施術をして欲しい」といった方もいらっしゃるでしょう。

そのため予備の下着があると便利です。

ホテルでの施術の場合、ガウンやバスローブも備わっておりますが、肌に直接触れた性感マッサージには不向きとなります。そのため、もし身体全部を見られたくない女性の場合は下着をつけたまま性感マッサージをうけるほうが望ましいでしょう。

お化粧直しのメイク道具

「化粧が崩れた姿をセラピストさんに見られたくない」といった方も多いでしょう。

そのような方々は、お化粧直しのメイク道具を持参すると良いでしょう。

化粧が崩れやすいタイミングは以下となります。

  • シャワー、入浴時
  • ハグやキスなどの密着時
  • マッサージ中の寝具との密着時

もし、化粧崩れが気になる場合は、メイク道具を持参することをおすすめします。

お水やお茶などの水分を準備しておく

お水やお茶などの水分を事前に準備しておくと良いでしょう。

性感マッサージ後は、喉が渇いてしまうことが多いです。また、性感マッサージ以外でも外でデートする場合、水分不足だと脱水症状の危険性もあります。

待ち合わせ時間の直前にコンビニ等で購入しておくことをおすすめします。

ただ、どのお店もセラピストさんが女性の分まで水分の準備をしてくださるようです。

思う存分に楽しむ為にあると便利、やっておくと良い4つのこと

もっと女性用風俗を安心して楽しむためにあると便利、やっておくと良いことを紹介していきます。

お気に入りの大人のおもちゃを持参する

セラピストさんは、バイブやローターなど基本的なおもちゃは所持していますが、自身のお気に入りのおもちゃがあるのであれば持参することをおすすめします。

おもちゃの種類によっては当然、”合う・合わない”がありますので既に自分で体感したことがあるおもちゃがあるのであれば持参するほうが良いでしょう。

また、普段は自宅で自分1人で使用しているおもちゃでも、別の人にやってもらうだけで感度は十分に変わりますので、セラピストさんにおもちゃを使ってくれるようお願いするのも良いです。

セラピストに挨拶程度のDMを送る

初めて女性用風俗だと緊張するものです。そういった時は、セラピストさんに挨拶程度で大丈夫なので、DMを送ってみるのも一つの手です。

大半のセラピストがお店のアカウントとしてTwitterをしています。

Twitterで、「今度、◯◯日に予約をした者です。当日は宜しくお願いします。」と挨拶をするだけでも相手のセラピストさんの印象を知ることができ、かつセラピストに良い印象を与えることができますし、不安でいることを察してくれるでしょう。

ムダ毛は処理しておくと感度は良好

ムダ毛はできるだけ剃ってくることが望ましいです。女性用風俗は、身体と身体がとても密着するサービスです。

ムダ毛があると全身リップの際やフェザータッチの際に感度が低くなってしまい気持ち良さが半減してしまう可能性があります。

「剃り忘れてしまった」といった場合でも大丈夫です。

ホテルでは、基本的に剃刀がついています。シャワーの時に簡単に気になる部分を剃るだけでも変わってきます。

また、剃刀がホテルについていない場合でもお部屋の電気を暗くするようセラピストさんに伝えて見えなくなるようにすると良いでしょう。

うがい薬を持参

感染症への不安があるのであれば、うがい薬を持参することもおすすめします。

セラピストとは密に接触します。

セラピストも手洗い、うがい、歯磨きを行い感染症への対策を行いますが、それでも不安な方はうがい薬を持参することをおすすめします。

その他セラピストに事前にお願いしておくと良いこと

「濡れづらい」ならローションをお願いする

女性のお客様のなかには、「濡れづらい」といった悩みを抱える女性も多くいらっしゃいます。

セラピストは女性が濡れやすいような雰囲気作りを心がけますが、それでも濡れない方もいらっしゃいます。

不安な方はローションをセラピストに準備してもらうように伝えましょう。

予約時にお店の方に伝えるのも良いですし、お店の方を通して伝えるのが恥ずかしいのであれば、Twitterにて直接セラピストにDMを送りましょう。

セラピストを自宅に呼ぶ際に事前に準備しておくと良い3つのこと

セラピスト持参の物を置くスペース

特に専業主婦の方が自宅にセラピストを呼ぶ場合は心掛けておくと良い内容になります。

セラピストは、おもちゃ、オイル、タオル、歯ブラシなどの備品類を沢山持っています。

その備品類が自宅内でバラバラに置かれてしまうとセラピストが忘れて帰っていく可能性も0ではありません。

その道具を家族の方が見て不信がられることもありえますので、できるだけセラピスト持参の物を置くスペースを確保し、そのスペースに荷物を置いてもらうようにしましょう。

そうすることによって忘れ物をする確率が減ります。

部屋、特にベット周りの整理

部屋のなかで見られたくない物もあるかと思います。そのため事前にお部屋を掃除、整理整頓しておくと良いでしょう。

また、マッサージはベットの上で行われますので不要な物を置いてベットの上のスペースは空けておくようにすることをおすすめします。

タオルを多めに準備

自宅での性感マッサージを行う場合、「オイルでベットが汚れてしまうかな…」と不安に思う方もいらっしゃると思いますので、事前にタオルを多めに準備しておくことをおすすめします。

セラピストさんもタオルを持参しますが、大抵のセラピストさんが1〜2枚程度なので不安な方は多めに準備しておきましょう。

まとめ

改めて伝えると女性用風俗は、現金とスマホがあれば十分に楽しめます。

仮に利用してみて「今日は物足りなかった」と感じたりするのであれば、どうやったらもっと楽しめるかをセラピストさんに相談してみるのも良いでしょう。

他のお客様の事例を参考に、いろんなプレイや性感マッサージを提案してくださると思います。

広告

関連記事一覧