女性用風俗を利用する際に

「毎回ホテルに行くのは面倒…」

「ホテル代もったいないよね…」

このように思われる方も多いのではないでしょうか。

今回は、

 

  • 女性用風俗のセラピストを自宅に呼ぶことができるのか
  • 自宅に呼ぶ際のメリットやデメリット

 

を紹介。

女性用風俗セラピストは自宅(家)へ出張できる?

女性用風俗セラピストを自宅に呼ぶことは可能です。

ほとんどの女性用風俗は、無店舗型性風俗特殊営業といった業態になり、それぞれの業者は、所轄の警察署に届出を出し営業をおこなっています。

無店舗型性風俗特殊営業の場合、店舗はありませんので、大きく以下の2つで利用が可能となっています。

 

  • 自宅
  • ホテル(ラボホテル・シティホテル・ビジネスホテル)

これから自宅・ホテル、それぞれのメリットやデメリット解説していきます。

自宅(家)での女性用風俗利用のメリット・デメリット

女性用風俗を利用するうえで自宅、もしくはホテル利用のメリット・デメリットを紹介していきます。

まずは、簡易的に以下の表にそれぞれをまとめました。

利用場所 メリット デメリット
自宅
  • ホテル代が発生しない
  • 移動する手間がない
  • 緊張せずに利用できる
  • ホテルではできないことができる
  • 寝具が汚れてしまうかもしれない
  • 近隣の住民への音漏れ
  • 準備や手間がかかる
  • 自宅がバレる
ホテル
  • 自宅がバレずに済む
  • ベットを汚しても問題ない
  • 自宅ではできないプレイができる
  • 自宅と比べてベットやお風呂が大きい
  • ホテル代が発生する
  • 移動の手間がかかる
  • ラブホテル近辺で知り合いに会うことも

今回は、自宅での利用に関する記事の内容になりますので、自宅で女性用風俗を利用する際のメリット、デメリットを紹介します。

自宅(家)での女性用風俗利用のメリット

メリット1.ホテル代が発生しない

女性用風俗を自宅に呼ぶ際は、当然ホテル代金はかかりません。ホテル代金は、時間や曜日によっても違いますが5,000円〜12,000円程度発生します。

泊まりで利用する場合は、10,000円〜20,000円もの金額が発生します。

そのホテル代が発生しないのは大きなメリットです。

ホテル代がかからない分、セラピストと一緒にいるサービス代に充てることもできるでしょう。

メリット2.移動する手間がない

移動する手間がかからないことも大きなメリットです。

都心部に住んでいるのであれば、まだいいが都心部近郊に住んでいる方の場合、移動に数時間取られる場合もあります。

そういった時にはお店に自宅に来ていただけないか相談をしましょう。セラピストの交通費は発生しますが、ホテル代よりもはるかに安く済みます。

メリット3.緊張せずに利用できる

慣れないラブホテルでの利用と比べて自宅での利用は、普段から使っているテリトリーのため緊張せずにサービスを受けることができます。

ラブホテルだと内装が派手なことが多いため、サービスを集中して受けれないかもしれません。しかし、自宅の場合だと普段感覚で受けることができます。

また、女性用風俗時の利用では特に格好の指定はないのですが、自宅での利用であれば部屋着のままでサービスを受けるのも良いでしょう。

メリット4.ホテルではできないことができる

自宅での利用であれば、ホテルでできないようなことができます。

一緒に料理をしたり、映画を見たり、家事を手伝ってもらったりと自宅でしかできないことも多いです。

ホテルでも料理をしたり、映画を見たりすることもできますが、慣れた自宅のほうが便利です。

自宅(家)での女性用風俗利用のデメリット

デメリット1.寝具が汚れてしまうかもしれない

自宅にセラピストを呼び性感を受けると、寝具が汚れてしまう可能性もあります。

マッサージでは、オイルやパウダーを使用します。

セラピストがベットの上にマッサージ用の大判タオルを引きますが、性感マッサージで女性の身体が動いてしまうとタオルがずれてしまい、身体についたオイルやパウダーが寝具に付着してしまいます。

そのため、自宅で性感を受ける際には、多めにタオルの準備をしておくことをおすすめします。

デメリット2.近隣の住民への配慮が必要

近所に仲の良い方が住んでいるのであれば配慮が必要になってくるかもしれません。

いつもとは違う男性が自宅に来るところを近所の方が目撃したとなると、よくない噂が立つ可能性もあります。

そのため近隣の住民が出歩かない時間にセラピストを呼ぶといった対策を取りましょう。

また、マンションやアパートによっては、女性の声が隣の部屋の住民に漏れてしまうかもしれません。

女性、自ら声が大きく出そうであれば布団に包まるなど、こちらも対策が必要となるでしょう。

デメリット3.お部屋の準備や手間がかかる

セラピストが自宅に来るからと言って、お茶を出したりする必要はありませんが、最低限、お部屋の整理整頓や、セラピストが帰った後のお片付けも必要になります。

また、夫や彼氏がいる女性の方が自宅にセラピストを呼ぶ場合は、その痕跡も完全に消す必要がありますので、その手間を考えるとデメリットと言えるでしょう。

デメリット4.自宅がバレる(セラピストに)

セラピストに自宅の住所がバレる点もデメリットと言えるでしょう。自宅の住所を知られるということは良い気分がするものではありません。

せめてもの対策として最寄りの駅や、近くのコンビニなどを待ち合わせ場所にし、一緒に自宅に向かうという方法もあります。

また、どうしても自宅がバレたくないということであれば、ホテルでサービスを受けるのが賢明でしょう。

自宅の女性用風俗のセラピストを呼ぶ際にやっておきたい4つ

これまで女性用風俗のセラピストを自宅に呼ぶ際のメリットやデメリットを紹介していきました。

最後に、それらを踏まえて自宅に女性用風俗のセラピストを呼ぶ際のやっておきたいことを以下にまとめました。

 

  • お金・財布、金品類はしっかり保管する
  • セラピストが来る前に整理整頓、簡易的なお掃除をしておく
  • 寝具が汚れないよう予備のタオルの準備をしておく
  • 近隣の住民に見られないようにセラピストを呼ぶ時間を考える

 

最後に…勇気を出して自宅に呼んでみるのもあり

最後に、女性用風俗を利用したことがある人のなかには、いつもホテルでサービスを受けているという方が大半かもしれません。

自宅にセラピストを呼ぶことに抵抗がある方もいらっしゃるかもしれませんが、この機会に一度呼んでみてはいかがでしょうか。

広告

関連記事一覧