最近人気が出てきている女性用風俗。

女性用風俗では性的サービスを提供していますが、本番行為はできません。

ではどうして本番なしでも女性用風俗から人気があるのでしょうか?

本記事では、女性用風俗での挿入行為禁止の理由や、トラブル事例、女性用風俗のサービス内容、魅力などについてご紹介します!

本番はあり?女性用風俗の基本的なサービスとは

まず、女性用風俗での基本的なサービスについてご紹介します。

基本的に本番は禁止

女性用風俗での本番行為は禁止されています。

マッサージやプレイ中にムラムラしても、セラピストと本番はできませんし、誘っても断られます。

お店の知らないところで女性と本番するセラピストもいますが、女性用風俗での本番行為はハイリスク。

誘われても断ることが大切です。

女性用風俗でのサービス内容は?

女性用風俗で利用できるサービスはなんでしょうか?

基本的に受けられるサービスをまとめてみました!

  1. ボディマッサージ
  2. 性感マッサージ
  3. 性感エステ
  4. 添い寝
  5. デート
  6. 通話

「風俗」というとエッチなことをするイメージがありますが、添い寝やデート、通話などもできるんです!

いきなりエッチなことするのに抵抗ある方は、まずセラピストと会って話をするところからはじめることができます。

サービス内で可能なプレイ内容は?

本番はダメなら、どこまでの行為はOKなのか気になりますよね。

基本的に本番以外なら、ほとんどのプレイはできます。

可能なプレイ内容
キス、ハグ、フェザータッチ、愛撫、乳首舐め、全身リップ、手マン、Gスポット、クンニ、指入れ、素股、アナルファック

はじめての風俗利用やはじめてのエッチ体験なら、ポルチオ開発、Gスポットの開発、SMプレイなどもしてもらえます。

ちなみに、オプションでできることはこちらです。

オプションでできること
アイマスク(目隠し)、アダルトグッズ(バイブやローター)、フェラ、ダブルセラピスト、ソフトSM(簡単な緊縛)、カップルコース

「本番なしでは物足りない・・・」なんて感じないほど、セラピストが充実したプレイで楽しませてくれますよ。

女性用風俗と他のサービスの違いとは?

女性用風俗にはいろんなサービスがありますが、ホストやレンタル彼氏など他のサービスとの違いはなんでしょうか。

女性用風俗とホスト、出張ホスト、レンタル彼氏の違いは「性的サービスがあるか、ないか」と「性的サービスの質」です。

わかりやすく表にまとめてみました。

メインサービス 性的サービス
女性用風俗 デート〜性的サービス あり(プロ)
ホスト お店での接客 なし
出張ホスト デート~性的サービス あり
レンタル彼氏 公共の場でのデート なし

性的なサービスを受けられるのは女性用風俗と出張ホストのみ。女性用風俗と出張ホストの違いは、技術の差です。

女性用風俗のセラピストは、女性を気持ちよくするための技術を講師からしっかり学んでいます。

心の満足感がほしいなら出張ホストでも十分ですが、体がとろけるほど気持ちいい体験をしたいなら女性用風俗がおすすめです!

レンタル彼氏とホストは基本的に性的なサービスはありません。

どこまでの行為をしてほしいかで、どのサービスを受けるか決めるといいです。ただし、近年、出張ホストやレンタル彼氏のお店でも風営法の許可を得ており、本番以外のキスや性感といったサービスもできるお店が増えてます!

「どこまでやってくれるの?」と疑問を持たれている方は、事前にお店に相談するようにしましょう!

女性用風俗で本番が禁止なのはなぜ?

  • 「女性用風俗で本番が禁止なのはなぜ?」
  • 「女性用風俗と似たサービスなのにソープでは本番ができるのはどうして?」

と疑問に思う方もいるはず。

ここでは、女性用風俗で本番が禁止の理由をお伝えします。

女性用風俗で本番ができないのは違法だから

女性用風俗での性行為(本番)は「法律」で禁止されています。

「売春防止法」により、風俗ではお金のやり取りがある性行為をしてはいけません。

もしセラピストと女性が本番行為をしてしまった場合、セラピストはクビ、もしくは違反金の罰則を受けることになります。

また、本番行為は違法というだけでなく、性病や妊娠などのリスクもあります。

プレイ中にムラムラしてしまっても、自分とセラピストのために本番行為をやらない強い気持ちを持っておきましょう。

ソープと女性用風俗の違いは?

では、なぜ女性用風俗はダメで男性向け風俗のソープは最後までできるのでしょうか。

ソープと女性用風俗は似ているようで、位置付けがまったく違います。

■ソープの特徴
ソープは「お風呂屋さん」「お茶屋さん」として運営しており、そこで出会った男女が恋愛関係になり、セックスをしたという建前があります。あくまで、場所を貸しているだけというのがソープ。

しかし、女性用風俗は「お金をもらって性的マッサージなどを提供するお店」なので、本番行為をすることは法に反しているのです。

本番なしでも女性用風俗は楽しめる?

「本番なしの風俗って本当に楽しめるの?」と思っている女性へ。

女性用風俗は本番なしでも十分に楽しめます!

実際に、本番なしでも女性用風俗を楽しんでいる女性はたくさんいます。そこで、本番なしでも楽しめる女性用風俗の魅力をまとめてみました。

高い技術で気持ち良くしてくれる

女性用風俗のセラピストは性的サービスのプロ。女性を楽しませる高い技術を持っています。

そのため、カップルやパートナー、セフレとのエッチで満足できなくて、女性用風俗にハマる女性も多いのだとか。

セラピストは女性の体の仕組みをわかって接してくれるので、素人とのエッチとは全くちがいます。本番ができなくても女性用風俗に通いたくなるのは、この高い技術のためなんですね。

心を満たしてくれる

女性用風俗では女性の体も心も満たしてくれます。

  • 癒されたい
  • 女性としての自信がない
  • 自尊心を高めたい

女性用風俗はそんな女性にピッタリのサービスです!

お金を出してでも心が満タンに癒されるなら、何度も通ってしまいますよね。

ホルモン分泌で内面から美しくなれる

性的マッサージやオーガズムすることによって、美しくなれるホルモンが分泌するのをご存知ですか?

女性用風俗で「幸せ~!」「なんだかきれいになった!?」と感じるのは、ホルモンのおかげでもあるんです!

  1. アンチエイジング効果のある若返りホルモン「DHEA」
    DHEAはセクシャルな行為の後に、なんと通常の5倍も増えるんだとか。
  2. 女性ホルモンの「エストロゲン」
    シワを目立たなくし、肌にハリをもたらす美肌効果があります。
  3. 幸せホルモンといわれる「オキシトシン」
    リラックス効果、不眠改善効果があり、美容クリニックで治療を受ける方もいます。

風俗を継続的に利用することで、気持ちよくなりながらきれいになれるなんて最高ですね!

事例あり|女性用風俗での本番トラブルとは

「本番は禁止」といっても、残念ながら「本番をした、された」ことによるトラブルはたくさんあります。

そこで、女性用風俗を利用する前に知っておきたい4つの本番トラブル例をご紹介します。

①強要された、中出しされた

一つ目は、「本番を強要された」「中出しされた」というトラブル。

女性用風俗の中には悪質なお店やセラピストがいて、無理やり本番されることもあるのだそう。

“相手が達したときに、ゴムは自分の中で外れていて、お腹じゃなく中で出されてしまい、不安だったらアフターピルを飲んでと言われました。

アフターピルなど、持っていませんし、お金を払って信用して利用したのに不信感ばかりで、身体も無理をさせられ全身が痛いです。”

引用:弁護士ドットコム

“望まない本番行為を強要され、密室空間で怖くて、せめて避妊具くらいはしてほしいと言いました。

相手のゴムは行為中に外れ、病気や妊娠が心配です。”

引用:弁護士ドットコム

中出しされて妊娠してしまったとき、困るのは女性側。本当にあってはいけないトラブルです。

②性病がうつる

2つめに、本番行為で注意したいのが性病。

とくに、こちらの3つの性病には、気をつけなければいけません。

  • 梅毒
  • 性器クラミジア
  • 性器カンジダ症

せっかく楽しむためにきたのに病気がうつって、辛い思いをするのは嫌ですよね。

「ゴムをしているからいい」というものでなく、性感マッサージを含めて予防対策することは大切です。

サービス前の手洗いうがい、セラピストが定期的な性病検査を受けているかなどは事前にチェックしておきましょう。

③セラピストがストーカー化する

3つ目のトラブルはセラピストのストーカー化。

「本番を断られた」「本番後にお店に通報された」という理由から、ストーカー化するセラピストがいるようです。

以下、女性用風俗ユーザー様の実際にあった声を聞けました。

■実際にあった話
旦那もいるし、本番はダメなことを知っていたにもかかわらず、「入れても(本番)いいですか?」と言われた。はっきり「ダメだよ」と断ったら態度が急変。それ以降、その人を指名しないように。その日から何度も連絡が来るストーカー行為が。メッセージが数十件を超えたときは、外出するのも「家をつけられてないか」と不安に怯えていました。
セラピストが逆上して、嫌がらせをしてくるなんて最悪ですよね。

安心して利用するためにも、セラピストの口コミや評価、素性などをはじめにチェックしておきましょう。

④盗撮される

4つ目のトラブルは盗撮。悪質なお店やセラピストによって盗撮されるトラブルがあります。

盗撮されてネット上にあげられたり、盗撮動画をネタに脅されたりする可能性があるので、盗撮には注意しましょう。

対策として、行為の前に相手が怪しいことをしていないか、怪しいものが置かれていないか、しっかり確認すること。

また、お店でのサービスは隠しカメラで撮られている場合もあるので、できればホテルでのサービスをお願いしましょう。

女性用風俗で本番まで迫られたらどうすればいい?

ではもし女性用風俗で本番を迫られたらどうすればいいのでしょうか?強要やレイプ、本番の提案などされたときの対処法をお伝えします。

断る

まずは、断ること。はっきりと

  • 「できません」
  • 「やりたくありません」

と伝えることが大事です。

男性と密室にいて断ることは怖いかもしれませんが、流れで許してしまって傷つくのは女性側。はっきりと断る勇気を持っておきましょう。

その場から逃げる

危険を感じたらその場から逃げることも大切。

ホテルにいる場合は、フロントに助けを呼ぶか、隙を見てフロントまで逃げてください。

実際そういう場面に遭遇すると、「一緒に部屋にいる状態で逃げるなんて無理」となります。だから、あらかじめ服や荷物など何かあったら逃げられるように準備しておくといいかもしれません。

お店に連絡

本番をした、しなかったに関わらず、強要された場合はお店に連絡しておきましょう。

お店に連絡すると、セラピストを解雇させたり、セラピストに罰則を与えられたりできます。

他の女性客のためにも、危険なセラピストは通報しましょう。

警察に相談

女性用風俗での本番行為は違法です。何かあった場合は、警察に相談する方法もあります。

ただし、警察では証拠の提示が必要。

  • 身体に付着している体液
  • 本番行為の強要時の音声

このような証拠がない場合、対応してもらえないこともあります。

警察に行くなら、事件があったその日中に行きましょう。

まとめ

女性用風俗のセラピストは女性の体を気持ち良くさせるプロなので、本番以外の方法で体も心も満たしてくれます。「本番がないと満たされないかも」と心配な方も一度挑戦してみる価値はあります!

ただし、悪質なお店やセラピストもいるのでお店選びには注意しましょう。危険を感じたら、逃げる、助けを求める、お店や警察に連絡するようにしてください!

広告

関連記事一覧